三重県議会議員 青木けんじゅん 「共生(ともいき)」
 
トップページ ごあいさつ プロフィール 「めざす県政」をこう考える 活動報告 県政リポート 後援会のご案内 お問合せ
トップページ > 県民の願いを三重県政に『出張地域相談室』みんなで考えるより良い地域づくり
県民の願いを三重県政に『出張地域相談室』みんなで考えるより良い地域づくり
 
私、青木けんじゅんは、現在、事務所(津市白山町川口2044)におきまして『県政なんでも相談室』を開設しております。この相談室は、意外に人気があり、いろいろな相談が寄せられております。

今までの成果で印象深いことは、ホームページの『いじめ問題の解決をこう考える』のきっかけとなった相談です。詳しくはホームページの記事を閲覧して頂きたいのですが、良い結果が出ており、県議会議員としてまだまだ、継続する問題はあるものの、最良の仕事をしたと思える自信のある成果のひとつです。

そこで、3期目県議会議員の門出として取り組みたいプランがあります。それは、『県政なんでも相談室』から私自身が飛び出し、皆様の身近なところへお邪魔をして県民の皆様が『困っていること』『不満・不安に思っていること』『改善・発展させてほしいこと』など地域の切実な願いをお伺いして、その願いを私が県議会議員として、皆様とともに実現していく窓口になるプランが、この『出張地域相談室』です。

相談内容は県民の皆様が『幸せにずっと三重県に住みたい』と思うためのものなら、身近なちょっとしたことでもかまいません。お近くで、『出張地域相談室』が開催される時に私にお気軽にご相談ください。

ホームページのご挨拶でも書きましたが、社交辞令やパフォーマンスでこのプランを企画するのではなく、皆様の願いを県政に届け、県民の皆様の幸せが引き換えならば、この8年間で、培った人脈を駆使し、しつこいとか、スッポンみたいなどいわれても諦めず、『共生(ともいき)する心で、夢のある未来が開ける三重県』を実現する青木けんじゅんの決意を象徴するプランにしていきます。

できるだけ、多くの皆様とお会いできることを楽しみに、ホームページや各地域の支援者の方を通じて開催場所や日時をお知らせしていきますので、『みんなで考えるより良い地域づくり』を実現させていきましょう。

<エピソード>
高校時代の同級生の一人が私の今回頂いた21,378票『21世紀は皆ハッピー!!』と表現してくれました。
チキチキ防災セミナー
去る平成23年7月31日に『家族で開こう!防災会議。今こそ、家族みんなで防災について考えてみませんか?』をテーマにコーディネーターをお招きして防災セミナーを開催いたしました。やはり、3月11日に『東北地方太平洋沖地震』が発生したことで防災に対しての意識が高まり、大変、多くの皆さまにご参加していただきました。
講演内容を聞かれている参加者の真剣な顔と、さまざまなブースで体験する子どもたちの楽しそうな笑顔がとても印象的でした。 この会は、2部構成で開催し、第2部では、会場駐車場において、地震体験車、消火器の実演訓練、太陽光エネルギーやガスエネルギーの再生可能エネルギーの説明会を行いました。
地震体験車は、人気のアトラクションとなり、沢山の参加者の方が仮想地震を体験され、予想以上の恐怖に驚いていましたが、実際の東北地方太平洋沖地震はもっと威力はすごくて、地震体験車では再現できないと説明を聞いて言葉を失う参加者の方も少なくありませんでした。
私も体感させていただきましたが、テレビで見る映像での恐怖と地震を仮想体感した恐怖を重ね合わせてしまい、実際はこれ以上だと思うと人間はとても非力だと再認識させられるとともにいざという時にあわてず対応できるように考えておくべきだと強く感じ、今日の防災セミナーは開催してよかったと思いました。
あと、人気のブースはやっぱり再生可能エネルギーの説明会でした。三重県もこの再生可能エネルギーへの取り組みは推進していく方針で、補助金として産業用で1kwあたり6万円を実施しています。
私、青木けんじゅんもこの再生可能エネルギーには、とても興味があり、推進していく上でも太陽光エネルギー等のイベントに積極的に参加して勉強中であります。
その中、太陽光エネルギーに関しては、悪徳な業者が後を絶たない状況にあることも事実です。
『訪問販売は現在禁止されていることはご存知ですか?』
違法な販売をしている業者を排除し、適正な金額で快適なエコ生活を三重県民の皆さまに安心して導入していただけるようにしていきたいと思っています。

<主催後援会からのお礼>
多数のご参加あらためましてありがとうございました。たいへん好評でございましたので、できるだけ継続していきたいと思います。
それと同時にボランティアでスタッフとしてご参加いただいた皆様にも長期にわたり計画から準備までたいへんお世話になりました。重ねて御礼申し上げます。
青木けんじゅん後援会 会長 小林 裕八