三重県議会議員 青木けんじゅん 「共生(ともいき)」
 
トップページ ごあいさつ プロフィール 「めざす県政」をこう考える 活動報告 県政リポート 後援会のご案内 お問合せ
トップページ > みなさまのご意見・お問合せ
お困りのことや県政へのご質問などがありましたら、下記フォームよりお気軽にお問合せください。
お電話、メールでのお問合せも随時受け付けております。(FAX番号は電話番号と同じになります。)
※お電話でのお問合せは平日AM9:00〜PM5:00まで受け付けております。ご了承ください。


津市在住 県民より
◇ホームページをご覧いただいた方からのご意見を紹介致します。

大変見所がある、見やすいホームページだと思いました。あと、医療ネット三重にリンクしており大変便利に思います。恥ずかしながら、医療ネット三重の存在を始めてこのホームページで知りました。特にこどもの救急対応マニュアルは分りやすく子供を持つ親としては大変、心強く思いました。ですが、他の皆さんはこのようなシステムを利用するすべを知らない人が多いのではないでしょうか。たまたま、このホームページを拝見して私もはじめて知ったのですからそんな人は多いと思います。いつも思うのですが、どんなに良いシステムや、機関があっても、その利用方法がみんなに伝わらなければ、そして、みんなが、その機関、システムの存在を知らなければ、どんな良い政策も、意味がないと思います。今、マスメディアと政治は、マスメディアが政治を批判する事が大半ですが、もし、マスメディアと、例えば三重県議会が協力し、優れたシステムの広告が出来たらみんなが利用できるのではないでしょうか。どんな良い政治でも三重県民に伝わらなければ良い政治とは言えないのではないでしょうか。一度、先生が政治と広告について考えられてはどうでしょうか。


津市の主婦の方からのご意見・・・その1
◇医療問題への意見

3つの公約を拝見させてもらいましたが、医療問題についてご意見をさせていただきます。この公約を拝見させてもらっていろいろ県の医療問題についての政策を意識して市の広報や県議会だよりをみていますが、どれも意識をして見ていなければ見逃してしまうものばかりという印象しかありません。県議会だよりを見ていると今度、津市で医療シンポジウムがあるというお知らせが記載されていましたが、関わりのある方や、元々興味のある方は会場に足を運ぶかも知れませんが、まず一般の人は会場に行って話しを聞く事をしようなんて人はいないと思います。ましてやそのシンポジウムの魅力的な内容だという広告の打ち方をしていないと思うのでなおさらだと思います。そこで打開策を私なりに考えてみました。素人考えで見当違いかもしれませんが、『ゴミ分別マニュアル』をゴミ分別が騒がれた時に配られましたが、同じように『救急医療マニュアル』を作成し配布してもらえないでしょうか。そうすればいざと言うときに大変助かり、県民のある程度の周知徹底策になるのではないでしょうか。素人考えで申し訳ありません。


津市の主婦の方からのご意見・・・その2
◇公約全体への意見

3つの公約はとてもすばらしくぜひとも実現させてほしいと思うのですが、防犯問題の警察OBの雇用というところで我々県民からするとどうしても天下り先が増えるだけとの感覚を持ってしまいます。ですが考え方によってはその防犯機関が県民の為にだけ機能すればすばらしい事だと思いますので青木先生実現に向けてがんばってください。


松阪市の主婦の方からのご意見・・・その1
◇医療問題への意見
医院に居住している主治医はいるが医師が不在のときもあり常時診てもらえるわけではないと思う。掛かりつけの医院じゃなくても診察してもらえる委員があれば救急病院だけに頼らなくてもすむと思う。
◇防犯問題の解決への意見
ニュースでもよく耳にしますが、事件性がないと警察は動いてくれないと聞きます。何かが起こる前に助けを求める相談相手が警察OBのような経験がある方なら心強いと思います。
◇相談窓口の一本化への意見
現在でもいろいろな相談窓口が在るそうですが、どんな窓口があって、どこに連絡すればよいかなんてぜんぜん分かりませんし、何を見れば相談窓口を閲覧できるかも分からないのが現状だと思います。青木先生の先日の一般質問を拝見させていただきましたが県の政策側の考えと、県民側に大きな開きがあると思います。どれだけ県民の役に立つ相談窓口が在っても利用者が少なければ意味がないことを政策側が理解するべきだと思います。そのためにもこの政策はとても良い事だと思います。

松阪市の主婦の方からのご意見・・・その2
◇防犯問題への意見
先日も松阪市内の保育園で男性の不審者が出たと聞きました。警察の方がパトロールしていただいているとの事ですが、それも一時的なことだと思います。ご提案されている、警察OBの方が協力してくださるならば犯罪への認識も豊富ですし、パトロールなども一般の方よりもなれていらっしゃるので、安心して、お任せできます。女性相談、幼児虐待問題のけんでも、同意見です。ちなみに、私は、子供が生まれる前から松阪に住んでいますが、役所の方が家に訪問してくれた事は、一度もありませんでした。
◇相談窓口一本化への意見
大賛成です。何ヶ所に設置、人員確保の予算があるならば、施設の一部を、相談センターにし、電話機、人員を設置できると思います。役所、学校、公共施設などにポスターを貼ったり、回覧、ホームページなどでアピールすることが重要だと思います。
◇医療問題への意見
自分もそうですが、小さい子供を持つ親としては、熱や少しの異常でも病院へ連れて行ってしまうというのは、とてもよくわかります。松阪市医師会も、中央病院一本化という制度を決定したならば、もっと責任を持ってほしいと思いました。実際うちも断られています。県がいう『医療ネット三重』も拝見しましたが使い方がよくわからず、見にくいものでした。県民が利用してなければ意味がない。私たちで出来る事、政策で出来ること、実現できれば、すばらしいです。
◇道路整備への意見
年度末が近づいてくると、工事する必要があるのか、という箇所が道路工事されています。毎年学校へ各地区から出している要望書などを見ていただき、道路標識など、子供たちを守る為のことを、考えていただきたいと思います。

松阪市の主婦の方からのご意見・・・その3
◇防犯問題への意見
間違いなくいいですよね。警察官の方の定年後の再雇用にも役立てる意見だと思います。せっかく防犯に対する豊かな経験を定年することによって埋もれさせてしまうのは勿体無いと思います。その経験を我々県民の為に生かせてもらう事によって安心して暮せる三重県造りになると思います。
◇相談窓口一本化への意見

どこにどんな相談をすれば良いかも分からない。市の広報ですら相談先の閲覧ができない。どこを見たらどこにどんな相談窓口があるのですか。小学生の子供を持つ親で今幸い悩み事がありませんが、いざ相談事ができても勉強不足と言われてしまえばそれまでですがどこに相談すれば分からないのが現状です。そんな時数ある相談窓口が 1 本化されれば大変嬉しいことです。後、もしこのことが実現されても県民に大々的に広告を打って欲しいと思います。どんな良い制度があっても利用者がいなければ意味のない制度だと思います。 青木先生も県側に協力をして講演会などでみんなに伝えていって欲しいと思います。

◇医療問題への意見
今、医療機関に子供が体調を崩し夜間など電話をしても『時間外で見れません』と冷たくあしらわれる事が多いです。しかしこちらとしては子供の事などで大きな焦りと不安感を母親として生きていて一番感じるときです。青木先生の医療問題に関する報告を閲覧させてもらい主要病院の小児科の夜間状況は良く分かりましたが、せめて掛けたその電話で応急処置方法等、『 安心できる言葉』が欲しいと思います。そうすれば親としてある程度不安感も取り除かれ、冷静に親として子供にできる処置をする事ができ、小児科の夜間状況も緩和されるのではないでしょうか。掛かりつけの主治医を作る努力をする件については青木先生が医師会等に働きかけを努力して欲しいと思います。医療問題、防犯問題、相談窓口の 1 本化がすべて実現されてこそ安心安全な子育てができる三重県が実現されると思うので青木先生がんばってください。

松阪市の主婦の方からのご意見・・・その4
◇医療問題への意見

私は小児喘息の子供を持っています。掛かりつけの医院は元論ありますが夜間診療はありません。でも喘息の症状は昼夜問わず発作はおきてきます。でも喘息専門の医療機器のある病院しか対応して貰えないので酷いときは夜間発作が起こっても朝まで待たなければならないときが多々あります。そのときの不安感は親として計り知れません。自分の子供が苦しんでいるのに何もしてやれないなんてと思い、やり場のない思いに親も心が病んできます。そこで医師会に協力してもらい大きな病院の救急医療が対応できないのならば開業医が個々に緊急病院の役目を果たしてもらうなど早急に対応して欲しい。 医療費にしても喘息など持病の病気には医療費控除制度などの見直しをして欲しいと思います。最近、愛知県などは中学生まで医療費が無料だと聞きましたが三重県もそうなれば大変喜ばしい事だと思います。


伊勢市の主婦の方からのご意見・・・その1
◇医療問題への意見

主治医は決まっているが、緊急時には診てくれないものだとみんなが思っていると思う。医院に居住している医師ばかりでなく、やはり夜間は救急に頼らざるをえないのでは。

◇防犯問題の解決への意見

ストーカー対策については警察に相手にされないことが多いと聞いていますので、娘を持つ親としては相談窓口に警察OBの方がいてくだされば心強いと思います。しかし本当に深刻な問題は相談相手がしっかりしているか、いないかより秘密が漏れないかとか、問題が余計にこじれるのでは、などと思いなかなか相談できるものではないです。相談のしやすさよりどこまで親身になってくれるかが重要だと思います。

◇相談窓口1本化への意見

良いと思います。いじめや子育てのこと。軽いレベルなら相手がどんな相談員であろうが気軽に相談できます。電話帳をいちいちめくらなくても良いのは素晴らしい。



◆ みなさまのご意見・お問合せはこちらから ◆
*印は必須入力となっております。記入もれがないようにお願いします。

*お名前
*フリガナ
*性別
男性 女性
*メールアドレス
年齢
お電話番号
- -
ご意見・ご質問など

※当スタッフにてご意見を拝見させていただきます。貴重なご意見ありがとうございました。